面白いと思う

自分は視覚障害があるが盲導犬は今の所必要としない年を取りあらゆる
感覚が鈍って歩行に不安が出るまではいらないと決めている

それまでにこう言う事例に対処できるような対策を考えねば今考えつくのはハーネスにドラレコみたいな物を装着と言うか内蔵できないものか? 理想を言えば機械化できないだろうかGPSを組み込んでカメラで障害物を関知エマージェンシーボタンで警察や指定した連絡先に通報 走破性安定性安全性工大なんかで研究するのに面白いと思うんだけどな。
あくまでも、盲導犬に罪は無いわけです。
しかし、障害者に文句を言えば、浮気調査 仙台弱者へのイジメと受け取られ社会的制裁を受ける。 なら障害者の一部と訴えている盲導犬を傷つけて、うさを晴らす方が「器物損壊」の罪で済みますもの。 犬は人が喜ぶと嬉しくなる性質がありますから、大切な人間の為には忠実です。
自らの生き方も省みて、向き合う気持ちが大切だと思う。盲導犬にはひとつも罪は無い。

Comments are closed.