健康障害

急性中耳炎は、一番よくある中耳炎で幼い子供によく起こる病気です。耐え難い耳の痛みや38℃以上の熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(みみだれ)などのありとあらゆる症状が出現します。
最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、動脈硬化や糖尿病というような色々な健康障害の因子となる可能性があるのです。
塩分と脂肪分の摂取過多を控えた上で自分に合う運動に尽力するだけでなく、ストレスのかかり過ぎないような生活を意識することが狭心症の要因となる動脈硬化を未然に防止するポイントです。
エイズというのはHIVの感染により罹患するウイルス感染症の病名であって、免疫不全を招いて些細な病原体による日和見感染やガンなどを発病する病状の事を称します。
めまいは診られないのに、不愉快な耳鳴りと難聴の症状を何回も発症するパターンを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で診断する場合があるということはあまり知られていません。
季節性インフルエンザのワクチンでは、今までの研究結果により、注射の予防効果を望めるのは、接種の14日後くらいから5カ月間くらいだろうということが分かっています。
収縮期血圧が140を超える高血圧が長期間続くと、体中の血管に重いダメージがかかった結果、身体中至る所のいろんな血管にトラブルがもたらされて、合併症を発症してしまう可能性が拡大します。
World Health Organizationは、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎは肌に健康障害を起こすとして、19歳未満の若い人が肌を黒くする日焼けサロンを使用する行為の禁止を世界中に勧告中です。
暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身のストレス、高齢化などの多様な原因が揃うと、インスリン分泌が衰えたり、働きが悪くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。
骨折したことにより大量出血した際、急激に血圧が降下して、めまいやふらつき、冷や汗、胸のムカつき、立っていなくても起こる意識消失などの様々な脳貧血の症状が見られることがよくあります。
黴菌やウィルスなどの病気を齎す微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺に入って伝染し、肺そのものが炎症反応を示している状況を「肺炎」と言います。
通常は水虫といえば足を思い浮かべ、こと足指の間に現れる病気として知られていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足しかないのではなく、体の様々な部位にかかってしまう可能性があるので注意してください。
体を撫でることなどで、当事者が犬のことを愛おしいと感じると「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、ストレスを軽くしたり精神のヒーリングなどに繋がっていくのです。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、3〜4日きちんと処方薬を飲めば、全般的に約90%の患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、さりとて食道の粘膜の炎症反応自体が快癒したとは言い切れません。
2005/02/01から新たにトクホ(特保)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促す文句を表記すること義務となった。

Comments are closed.