十二指腸

吐血と喀血はいずれも血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血であり、吐血は十二指腸よりも上にある食道などの消化管から血が出る症状を指します。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは輪状、要はまるい形をした赤っぽい発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚病の総称であり、その理由は全くもって多種多彩だということができます。
クシャミ、鼻みず、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛ぶ量に比例するように悪化の一途を辿ってしまうという特性があると知られています。
自転車事故や高所からの転落事故など、非常に強い負荷が身体にかかった場合は、複数のポイントに骨折がみられたり、開放骨折に至ったり、酷くなると臓器が破損してしまうこともあります。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する力のあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに有効な成分です。嫌な二日酔いの大元だと考えられているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という物質のクラッキングに力を発揮しているのです。
様々な花粉症の緒症状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜よく睡眠を取れないと、それが元凶で慢性の睡眠不足となり、次の日の活動に思わしくないダメージを与えることも考えられます。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)という名称で、かびの仲間である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、臀部などの部分に感染し、定着した感染症で即ち水虫のことです。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、普通、身体をがんから護る作用を持つ物質を生産するための型のような遺伝子が異常をきたすことで起こるというのは周知の事実です。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があるので大気中に存在しているオゾン層で一部分が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を傷つけたりして、皮膚に良くない影響をもたらすのです。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや喫煙・嗜好品・隠れ肥満等のライフスタイルの変化、ストレスなどによって、今日本人に増加している病気だといえます。
AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を保有しない一般の人にも利用する事のできる医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスの手順に沿って使うことで、心臓が細かく震える心室細動に対しての処置の効果を患者に与えます。
今時の病院の手術室には、便所や器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備えさせ、オペ中に撮影できるX線装置を備えておくか、近距離にX線装置用の専門室を付属させるのが慣例である。
クモ膜下出血とは90%弱が脳動脈りゅうと言われる脳の血管の瘤(こぶ)が破れることにより引き起こされてしまう命にかかわる病気だということを多くの人が知っています。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因となって罹患するウイルス感染症の事で、免疫不全を引き起こし些細な真菌などが原因の日和見感染や癌などを発病してしまう病状そのものの事を総称しています。
素人が外から観察しただけでは折ったかどうか判別できない時は、ケガをしてしまったポイントの骨を優しく指で触れてみてください。もしその箇所に激しい痛みが走れば骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

Comments are closed.